top of page

気付いてほしいこと

 夏期講習も半ばにさしかかりました。朝から授業があるため、個人的にはこの時期は人間らしい「朝型の生活」に戻ることができます。1年を通してとても貴重な時期になっているのです。

 それはともかく、中3生にはこの夏休み中に今春の入試を、既習範囲で構わないので実際に解いてみることをお勧めします。どのくらい時間を要したかも計ってみると良いでしょう。すると恐らくあることに気が付くはずです。それは「普通にやっていくと時間が足りない」ということです。言い換えると、問題を読んだり、解いたり、書いたりする「スピードを身に付ける」必要があるということになります。とはいえ入試までには約7ヶ月あるのだから急がなくてもいい、と思うかも知れません。しかし、2学期からの総合テストには次第に見たこともないような問題が、入試と同じような分量で出題されるようになっていきます。これらのテストは内申点に大きく影響しますので、それに間に合うように今から自分なりの対策を立てておくと良いでしょう。


最新記事

春期講習と合格発表

先月17日から始まった春期講習が今月3日に終了しました。新2年生は予想より申し込みが多く、座席を増やさなければならなくなり少し大変でしたが、どの学年も新学年の内容を先取りした充実の内容になり、5月の1学期中間テストに向けてよいスタートを切ることができたと感じています。また、先月19日には公立高校の合格発表がありました。おかげさまで昨年に引き続き今年も願書変更をすることもなく見事全員第一志望校合格を

忘れない記憶法(その1)

3日くらい前に覚えたはずの内容をなぜか思い出せない…あれだけ頑張って覚えたはずなのにどうして? このようながっかりする経験をされた方は少なくないと思います。とりわけ受験生にとっては絶望感さえ漂うかも知れません。そこで、かつて私自身が大学受験を1年後に控えていた頃に使用して実際に約10ヶ月で2300語以上の英単語・イディオム等を覚えることの出来た、ある記憶法をこれから紹介したいと思います。ちなみにこ

☆2人目の第一志望合格者☆

先々週は合格ラッシュでした。6日、8日発表の西高特進と佐久長聖は、あくまで併願校として受験させていただいたわけですが、それでも今年も全員合格してほっとしております(2000年秋に開塾して以来Ⅰ,Ⅱ類等を問わなければ不合格者は 23年間で各校1名ずつと相性抜群!)それに対して9日は公立前期の発表なので、こちらの発表は私立とは意味合いが異なります。TIMEからはHさんが染谷国際教養科を受験しており、直

Comments


bottom of page